ウェブマーケティング ブログビジネス

ロングテールとウェブビジネス

ロングテールとウェブビジネス ロングテールとウェブビジネスをブックマーク

インターネット販売サイトの大手「アマゾン」の成功によってロングテールという言葉が有名になりました。ロングテールの考え方はインターネットに欠かせないものになっています。

 

ビジネスにおいて、「商品の売り上げの8割は、全商品銘柄のうちの2割で生み出している。(パレートの法則)」と言われています。経験則ですので、特に8:2という数字にはこだわりませんが、主力商品が売り上げの多くをしめるという考え方です。

リアル店舗では陳列できるスペースも限られているため、書籍でいえば売れっ子作家さんの本や話題の本を中心に紹介することが売り上げをのばすためには最適な方法です。

しかし、インターネットの世界では、必ずしもそういう法則が成り立たなくなってきました。それがロングテールという考え方です。

ロングテイルのイメージ

アマゾン成功の理由はその品揃えにあると言われています。そのビジネスモデルはリアル店舗では売り上げにほとんど貢献しないため軽視されがちなニッチ商品でも、ネット販売では陳列スペースなどの制約がないため、ニッチ商品の売り上げで利益の集積を行えるというものです。

アマゾン以外にもロングテールモデルで成功しているウェブビジネスはたくさんあります。たとえば、このサイトに広告を掲載しているグーグルアドセンスやグーグルアドワーズもその一つです。マイナーサイトとマイナー検索ワードの広告主を結ぶことで大きな収益をあげています。

ニッチやマニアックな物はそれを求める人には付加価値が高く、ビジネスチャンスが多くころがっているはずです。このサイトを読んでくれる方は少ないと思いますが、とても感謝しております。

 
 
トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする