ウェブマーケティング ブログインターネット広告

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告 アフィリエイト広告をブックマーク

アフィリエイト広告は商品の購入や資料請求などの成果に応じて報酬が発生するインターネット広告です。アフィリエイト広告の仕組みやサービスを提供している会社を掲載しています。

 

アフィリエイト広告の仕組み
広告を出す方をクライアント、広告スペースを提供する方をアフィリエイター、この両者をつなぐプログラムサービスを提供している会社をアフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)と呼びます。

「アフィリエイターのホームページ経由で商品が売れた場合は、売上金額の5%を報酬としてお支払いします。」というように、あらかじめ成果と報酬が決められています。ASPがバナーなどの広告素材を提供してくれますので、アフィリエイターは自分のホームページに素材を貼り付けるだけで簡単にはじめることができます。

広告を出すクライアントも成果に対して報酬を支払えばよいので、費用対効果の高いインターネット広告といえます。しかし、アフィリエイターがネットユーザーを多く集めようとして、誇大広告になってしまい、ユーザーに誤解をあたえてしまう問題点も指摘されています。

アフィリエイトの活用
毎月3万円以上稼いでいるアフィリエイターは全体の2%以下と言われています。アフィリエイトで報酬を得ている方は複数のアフィリエイトを組み合わせてコンテンツの充実を図っています。「ネット銀行の手数料比較」、「お取り寄せ紹介(写真や感想)」などと、ユーザーのために情報をまとめてあげたりしています。アフィリエイトだとわかっていても感心することが多々あります。

アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)紹介

 
 
トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする