ウェブマーケティング ブログSEO対策

スパム行為とペナルティー

スパム行為とペナルティー スパム行為とペナルティーをブックマーク

GoogleやYahooといった検索エンジンがどのようなものをスパム行為としているか、またスパム行為を行った場合のペナルティーを掲載しています。

 

ホームページへの集客に検索エンジンが果たす役割は大きく、検索結果で少しでも上位に表示されようと切磋琢磨しています。しかし、何らかの方法によって検索エンジンを欺き、検索結果を歪めることをスパムと言います。

スパム行為が行われると、検索を行う一般ユーザーにとって望ましい結果が得られません。検索エンジンの価値はよりよい検索結果を表示することですから、不信感を招かないように、スパム行為を厳しく取り締まっており、ペナルティーを課すことがわかっています。

ペナルティーとして、検索結果が下げられる軽いものから、検索のデータベースから完全に削除されてしまう重いものまであります。

スパム行為だと知らずに行ってしまったり、アホなホームページ業者やSEO業者に管理を任せてしまいスパムを行われていた場合もあり他人事ではありません。まずはどんなことが検索エンジンからスパムと判断されているのか例をあげて紹介します。

  • キーワードの大量埋め込み
  • 不正なテキスト
  • 不正なリンク
  • 不正なリダイレクト
  • 非表示要素部分への不正なキーワード入力
  • ミラーサイトの作成

キーワードの大量埋め込み
訪問者が読んでも意味のわからない文章、地域の名称をひたすら羅列したものが代表例です。キーワードをたくさん埋め込むとスパムと判定される場合があります。

不正なテキスト
訪問者に読ませることを目的としないテキストのことです。一般には、背景と同色または同系統の色の文字を書くことや、読めないような小さな文字で表示するスパムです。

不正なリンク
検索エンジンがリンクを重視していることから、不正にリンクポピュラリティをあげるスパムです。隠しリンクは確実にスパムと判定されます。リンクファームといって、グループで相互にリンクを大量に張る手法もグーグルなどは禁止しており注意を呼びかけています。またアクセスカウンターやアクセス解析などに、隠しリンクが中に挿入されているケースもよく見かけますご注意ください。

不正なリダイレクト
検索エンジンか一般ユーザーの訪問かによって表示する内容を変え、人の場合は別のページへ自動的にジャンプさせるような方法(クローキング)などです。以前、ドイツのBMW社がjavascriptによってリダイレクトを行った時にはスパムと判定されて、検索結果から除外された例もあります。リダイレクトはホームページの引越しの際にも利用する技術ですので、サーバーの引越しを行う際は注意してください。

非表示要素部分への不正なキーワード入力
一般訪問者から見えないmetaタグ、画像のalt属性、sumarry属性などに不正なキーワードを埋め込むスパム行為です。metaにキーワードを入れることはSEO対策として推奨されていますが、テキスト内に使われていないキーワードを入れたり、10個以上も入れることは危険です。アメーバーブログを運営していることで有名なサイバーエージェントが、スタイルシートの中に隠しリンクを大量に入れていることがわかり検索結果から一時削除された例もあります。

ミラーサイトの作成
ミラーサイトはホームページの負荷を減らすために、別のURLに同様の内容をアップする手法で利用されてきました。スパムと扱われるミラーサイトはアクセスを集めるためにキーワードのみを少し変えて同様なウェブサイトをいくつも立ち上げる行為です。例としてホームページとウェブサイトなどを入れ替えただけのサイトです。

「スパム行為であるかの判断は検索エンジンがなくても同じことを行うか」と住太陽さんの言葉がわかりやすいかと思います。

魅力的なコンテンツを作り、みんなからリンクを張ってもらえることが真のSEOですね!

 
 
トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする