ウェブマーケティング ブログSEO対策

rel nofollow属性のSEO効果

rel nofollow属性のSEO効果 rel nofollow属性のSEO効果をブックマーク

nofollowのSEO効果について少し前と現在では少し様子が変わってきている。nofollowの使い方やSEO効果についてまとめてみました。

 

nofollow属性とは

被リンクとSEO対策」で説明したように、上位表示されるためには多くのページからリンクされることが重要です。ブログなどにはコメントやトラックバックなどをポストできる機能があり、URLを入れるとリンクになります。この機能を逆手にとって、被リンクを集めるためだけに、多くのサイトにコメントやトラックバックを行うスパム行為が登場しました。

その対策として、Googleが中心になって生み出された手法がnofollow属性です。アンカーテキストの中にrel="nofollow"を入れると、「私はこのリンク先を保証できない又は保証したくない」という意味に検索エンジンが判断し、リンクを無効扱いにするものです。

現在、多くのブログやソーシャルブックマークではrel="nofollow"が自動で挿入されるようになっています。

nofollow属性の使い方

リンクの中にrel="nofollow"を入れる

<a href="http://www.yahoo.co.jp/" rel="nofollow">ヤホー</a>

普通のヤホーへのリンクとして機能しますが、検索エンジンはnofollowが入っていますので、リンク先にページランクを渡さない状態になっています。

nofollowとseo効果 従来の考え方(?)

自分のホームページでも上位に表示されたいページまたは上位表示する必要のない評価の低いページがあると思います。評価の低いページへのリンクにnofollowを入れることで、上位表示したいページにリンクのパワーを集める内部SEO対策に使用されています。

nofollow1

Bへリンクが逃げないようにし、上位表示したいページAに集める方法をイメージ化すると上記のようになります。

nofollowとseo効果 現在の考え方(?)

従来の考え方と書いたのにはわけがあります。GoogleのMatt Cuttsさんのブログなどによると、nofollowをつけるとページランクが逃げないのではなく、リンク先にページランクを与えられない仕組みだそうです。

nofollow2

つまり、ページの持つリンクパワーが消滅するだけなので、内部SEOとして効果があるどころかマイナスに働いていることになります。内部リンクや強くしたいページに渡していたはずのページランクがただなくなっているなんて・・ひどい。

nofollowについてのまとめ

コメントやトラックバックにnofollowを入れる対策をしていて安心していたユーザーも多いと思います。コメントやトラックバックにリンクがあればあるほどページのパワーが消えていたことになります。いっそうのこと消してしまえって方も出てくるのではないでしょうか。

ところでヤフーのnofollowの扱い方ってどうなんでしょうかね?nofollow入れていてもリンクとして認識しているようなので、あいかわらずスパマーの皆様がせっせとトラックバックを打ちまくっていますね。ヤフーさんもっと頑張ってよ!

nofollowが入るとペナルティなんて噂もありますが、ライバルサイトにnofollowを入れて順位をさげようとする輩も登場しそうなので非現実的だと個人的には思います。リンクも消えずに、ただ無視してくれる従来の仕組みでいいのになー!というかそれが理想的じゃない?まっ、私のサイトには余計なトラックバックをしてくるスパマーはいれも、コメントしてくれる方さえいませんけどね!

 
 
トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする