ウェブマーケティング ブログウェブサイト制作

ウェブサイト(URL)の移転方法

ウェブサイト(URL)の移転方法 ウェブサイト(URL)の移転方法をブックマーク

ユーザーに対しては「HP移転のお知らせ」で済みますが、ホームページの移転を検索エンジンにも通知する必要があります。.htaccessを使ってリダイレクトすると、これまでのリンクなども引き継いでくれますのでSEO対策としても有効です。

 

ドメインの変更、htmlからphpへの変更、ディレクトリの変更などを長くウェブサイトを運営していると行うことがあると思います。旧URLにアクセスした方を新しいURLに自動的に飛ばしてあげる方法をリダイレクトといいます。

リダイレクトを行うと、検索エンジンは旧URLの持っている被リンクなどをそのまま新URLに引き継いで処理してくれます。リダイレクトを行わないと、ネット上に同一のホームページが存在してしまい、新しいホームページはミラーサイトだと判断されペナルティを受けてしまいます。

リダイレクトの種類と方法

リダイレクトの種類は301リダイレクトと302リダイレクトの二種類があります。301は完全なる移転、302は一時的な移転を意味します。被リンクを引き連れた引越し作業は301を用います。

.htaccess用いてサーバー側で移転する方法と、ページ内のmeta要素にrefreshを使って移転する方法があります。無料サーバーやプロバイダ提供サーバーなど、サーバー内に.htaccessを置けない場合を除いて、サーバーでのリダイレクトを検索エンジンは推奨しています。

.htaccessを使ったリダイレクト

エディタソフトで「.htaccess」というファイルを作成し、旧ウェブサイトのトップディレクトリ設置します。.htaccess.txtとなってしまう場合はサーバー側でリネームするとよいようです。たまに新しいドメイン側に設置する方がいらっしゃるようですが、転送元に設置を行います。

ウェブサイト全体のリダイレクト
別の新しいドメイン(sample.jp)に移転する場合です。ディレクトリやページも同じように使用する場合に用います。

Redirect permanent / http://www.sample.jp/

フォルダのリダイレクト
同一ドメイン内でフォルダを移動した場合などに利用します。oldフォルダ内のページにアクセスがあった場合に、newフォルダのページに転送してくれます。

Redirect permanent /old/ http://www.sample.jp/new/

ページのリダイレクト
同一ドメイン内でページを移動させた場合に用います。

Redirect permanent /old/old.html http://www.sample.jp/new/new.html

htmlからphpへのリダイレクト
.htmlとなっているファイルをすべて.phpに移転するときに用います。

RedirectMatch permanent (.*)¥.html$ http://www.sample.jp$1.php

メタリフレッシュを使ったリダイレクト

すべてのページの<head> ~ </head>の中にmeta情報を追加するとリダイレクトされます。それぞれの移転先のアドレスを記入します。以下のサンプルは5秒後にhttp://www.sample.jp/new.htmlページに転送されることを表します。

<meta http-equiv="refresh"content="5; URL=http://www.sample.jp/new.html">

リダイレクトする時間を0秒(content="0;)に設定すると301リダイレクトとなり、1秒以上にすると302リダイレクトとして認識されます。

 
 
トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする