ウェブマーケティング ブログSEO対策

関連性を重視した効果的なリンク方法

関連性を重視した効果的なリンク方法 関連性を重視した効果的なリンク方法をブックマーク

SEO対策を考えながらリンクをはられていると思います。検索エンジンはリンク元とリンク先の関連性を重要視しているため、関連性のないページからのリンクは評価が低くなります。効果的なリンクにするための方法を紹介します。

 

リンク元とリンク先の関連性を重視しますので、関連性を上げれば検索エンジンはよい被リンクだと判断するわけです。

関連性をあげる方法ですが、ただリンクを張るのではなく、発リンクの前後の内容をリンク先の内容と関連したものにすることで、検索エンジンは関連したページからリンクを張られていると認識します。良い例と悪い例を使って説明します。

良い例

SEO対策やウェブ広告などウェブマーケティングブログではマーケティングに役立つ情報が紹介されています。

悪い例

おすすめサイト
ウェブマーケティングブログ

同じウェブマーケティングブログへのリンクですが、良い例と悪い例の違いは前後の内容にあります。リンク先と関連した文章の中にリンクをすることによって、リンク先にプラスの評価を検索エンジンが与えてくれます。箇条書きなどではリンク先の内容を認識することが難しく関連性が弱くなってしまいます。

リンク元とリンク先の関連性は、前後のテキストだけではなく複数の要因によって決められているはずです。ウェブ全体のテーマ、タイトルや強調タグ、ページの内容、被リンクなどを総合的に判断していると言えます。

そんなことを検索エンジンが判断できるのか?という疑問がでると思いますが、Google AdSenseはまさに総合的に判断できていることを証明しているのではないでしょうか。まったく関係のないところから張られたリンクと、前後にマッチした内容が書かれているリンクでは効果が大きく変るはずです。

 
 
トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする