ウェブマーケティング ブログSEO対策

ドメインをSEO対策に役立てる

ドメインをSEO対策に役立てる ドメインをSEO対策に役立てるをブックマーク

新規ドメインを決める作業は楽しいものですが、そのドメインがSEOに関係があるとしたらより真剣に考えますよね。検索エンジンがドメインをどのように扱っているのかについて書いています。ドメインはどんなものでもよいわけではありません。もし、どんなウェブサイトを作るか決まっているならば、ドメイン決めの参考になると思います。

 

ドメイン中のキーワード

ドメインの中にキーワードを入れることでSEO効果があるようです。例えばSEO関係のウェブサイトを運営したい場合、http://www.seo-domain.com/のように中にseoというキーワードを入れることを意味します。

GoogleとYahooは検索にseoと入力すると、検索結果に表示されるURLの中に入っているseoという部分がhttp://www.seo-domain.com/と太字になりキーワードとして処理されます。下の画像はYahooにseoというワードで検索した結果をキャプチャしたものです。ページのタイトルや説明文の文字に加えて、URL内の文字も太くなっていることがわかると思います。

Yahooの検索結果

訂正です。どうやら太字になるのは、ユーザーが見やすくするためのようです。広告欄のものも太字になります。ビジュアル面での判断はできませんが、検索結果で少し実感するしかなさそうです。

とはいえ、ドメイン名が検索結果に与える影響は少ないはずです。やはり大事なことはコンテンツと被リンクです。

サブドメインとSEO対策

検索エンジンは新規取得のドメインに対して、エイジングフィルタという上位表示を妨げるアルゴリズムがあると言われています。サブドメインを作成するドメインが古ければエイジングフィルタに引っかからずに済むメリットがあります。また、1つのドメインで複数を作成することができサーバーも同じもので運営できますので追加コストがかからないメリットもあります。

以前はサブドメインを完全に別のドメインと判断されていたため、同じドメインをつかったサイトが検索結果に複数表示されました。しかし、現在は検索結果に表示される個数に制限があるようです。キーワードが似ているジャンルにサブドメインを使うと表示されない場合が出てきますので、このような場合は新規にドメインを取得されることをおすすめします。

 
 
トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする