ウェブマーケティング ブログインターネット広告

Google Adsenseがクリックされない人へ

Google Adsenseがクリックされない人へ Google Adsenseがクリックされない人へをブックマーク

ブログに限らずネットで収益を得るのは難しい。Google Adsenseは個人ブログまで収益をあげるチャンスをくれる素晴らしい広告です。そんなGoogle Adsenseがクリックされない方にいくつかアドバイスをしてみます。

 

Google Adsenseについて

コンテンツ向けGoogle Adsenseはクリック単価 (CPC) による広告か、またはインプレッション単価 (CPM) による広告かが表示されます。CPC広告はユーザーのクリックによって収益が発生し、CPM広告はクリックされるかではなく表示されるだけで収益が発生します。

インプレッション広告 (CPM) が表示されるのは、広告スペースに表示されるすべての広告の有効CPMの合計を上回る金額を広告主が設定した場合です。

アドセンス広告の掲載方法を改善

広告をクリックしてもらうためにはユーザーの目に止まらなければならない。しかし、ユーザーは目的を持って訪れているわけですので、広告ばかりが全面に入ってしまっては嫌気がさして帰ってしまう。そこで、アドセンス広告の掲載場所として適切な場所は、ユーザーが次の行動に移る場所ということになります。

次の行動に移る場所は、広告ユニットの場合はコンテンツの中段やコンテンツの読み終わりということになります。リンクユニットはメニューのように擬似的に表示されますので、サイドバーなどに配置するとよいようです。掲載位置に大切なことは、文章を読みながら自然に目に入ってくることです。

アドセンス広告の色については、広告を設置する背景と同じ色を背景にして溶け込ませます。枠線も同じ色にして消すのもおすすめです。広告のタイトル色には目立つ色を選びます。リンク色は補色を利用することがおすすめだそうです。

アドセンス広告のサイズについては、横長のフォーマットの方がクリック率が高いようですので、ビッグバナーやレクタングルを採用するとよいでしょう。

広告と記事がマッチしない場合

アドセンス広告の内容がコンテンツの内容とマッチしないとクリック率は当然下がってしまいます。考えれる理由がいくつかあります。

  • コンテンツの内容がニッチすぎて広告主がいない。
  • コンテンツ量が少ないため内容を正しく判断できない。
  • コンテンツ量が多いため内容を正しく判断できない。

コンテンツの量が多く、ワードが分散している場合にはセッションターゲットを利用することで関連性をあげることができます。セッションターゲット

ユーザーの質

アクセス数が多くてもクリックしてもらえない場合があります。それはユーザーの広告に対する熟練度が高い場合です。そのサイトのリピーターはどこが広告で、どこがコンテンツかを理解しています。そのため無駄に広告先をクリックしないのです。また、ユーザーのwebや広告に関する知識が高い場合もクリックされません。収益の高いサイトは広告とコンテンツを区別しないようなユーザーをターゲットとしている場合が多いはずです。

さらにグーグルアドセンスのアカウントを持っているユーザーはさらに広告をクリックしません。アドセンスのアカウントを持つユーザーがお互いに広告をクリックすることはポリシーで禁止されています。そのため、どうしてもクリックをためらうのです。私もためらいます。

クリックされないサイトの代表例がここ・・
ギャアァァァァ━━━━━━(゚Д゚|||)━━━━━━!!!!!!。

 
 
トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする