ウェブマーケティング ブログSEO対策

有料リンクは危険なのか

有料リンクは危険なのか 有料リンクは危険なのかをブックマーク

SEO対策を少しでも取り入れている方ならば、リンクを受けることが大切なことだとご存知だと思います。お金を払ってリンクを張ってもらうことをGoogleは禁止しているが、有料リンクを購入することは本当に危険なのだろうか。

 

有料リンクとは

Googleを含め多くの検索エンジンはリンクをもって検索順位を決定しています(被リンクとSEO対策)。そのため、品質の高いリンクは価値を持ち、商品として有料でリンクの枠が販売されています。お金があれば検索結果を歪めることができるのです。

Googleの有料リンクについての考え方

Googleの有料リンクについての考え方はウェブマスターツールの中で以下のように書かれています。

一部のSEOやウェブマスターは、リンクの品質、ソース、他のサイトに与える長期的な影響を無視して、PageRank を転送するリンクの売買を行っています。PageRankを転送するリンクの売買は、Googleのウェブマスター向けガイドラインに対する違反となり、検索結果におけるサイトのランキングに悪影響を与える可能性があります。
すべての有料リンクが Google のガイドラインに違反するわけではありません。リンクの売買も、検索結果の操作でなく宣伝を目的として行われる限り、ウェブ上での通常の経済活動となります。広告として購入したリンクでは、そのことを明示する必要があります。参照元:有料リンクを Google に報告する必要がある理由

Googleは検索結果への影響を考えて有料リンクの売買を明確に否定しており、ペナルティを与える可能性を示唆しています。また広告を目的としている場合はページランクが渡されない仕組みでリンクをする必要があります(nofollow属性などを利用)。Googleに有料リンクを購入していると判断された場合、ウェブマスターツールのメッセージセンターから警告が来ますので確認をしてください。Googleはリンクの売買について情報の提供をして欲しいそうです。有料リンクを報告はこちら。

「有料」「リンク」というキーワードで思い浮かぶものがYahoo! JAPANが提供している有料のディレクトリ登録サービスです。Yahooのディレクトリは有料リンクなの?ってことに関して、yahooの場合は審査料だからOKとのことです。条件を満たしていないウェブサイトを弾いているので有料の審査はリンクの購入ということではないらしい。ただ、被リンクを受けること意外にyahooのディレクトリに登録するメリットはないと思うのですが・・・。yahooもSEOにおすすめなんて宣伝しています。

有料リンクを販売している、又は購入していると認定されるとペナルティーを受けるようです。具体的にはリンク元は評価を下げられ、購入者はページランクが渡されない。これから、より重いものが科される可能性も・・・?

有料リンクの購入と販売

個人サイトでもビッグキーワードで上位表示されている場合、SEO業者にスペースの売買を持ちかけられると思いますがペナルティを受ける可能性があることを承知した上で行ってください。リンクを受けるサイトも同様です。SEO業者に言われるがままは危険です。

とはいえ、ビッグキーワードで上位表示されるためには有料リンクを購入することも必要なのが現状です。また、どれが自然なリンクでどれが不自然なリンク(有料)なのかをGoogleが判断できていないため積極的な導入はまだ先のことだと思います。リンク元に有料で掲載しますと宣伝されていない限り判断できません。有料で掲載と書かれているサイトは避けた方がいいでしょうね。地方自治体などもトップページなどでリンクを大胆に販売していますが、標的になる危険性が高いと言えると思います。

 
 
トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする