ウェブマーケティング ブログSEO対策

SEOの常識!テーマに特化した専門サイトのみが生き残る

SEOの常識!テーマに特化した専門サイトのみが生き残る SEOの常識!テーマに特化した専門サイトのみが生き残るをブックマーク
専門サイトイメージ

検索エンジンで上位表示されているウェブサイトはテーマを絞った専門サイトばかりです。Yahoo!やGoogleで見てもらえるように、これからホームページを作ろうとしている方に、たくさんのユーザーを集めることができるサイトの作り方を紹介します。

 

検索結果の上位にあるサイト

グーグルやヤフーで検索した際に上位に表示されるほとんどのウェブサイトは「専門サイト」ということにお気づきだろうか。専門サイトとはある特定のテーマについてすべてのページが書かれているサイトのことです。ほとんどと書いた理由は、ウィキペディアのような豊富なコンテンツとリンクを集め続けているサイトは一部例外とされるからです。

反対に、ヤフーで検索順位を下げているのは、いわゆる「なんでもサイト」です。ホームページ全体のテーマを1つに絞れずに、バラバラの内容を書いているものです。個人ブログなどを想像されると思うが、法人の運営するような場合でも特定のキーワードに特化してないと表示されないという深刻な事態にあります。

常識と書いたのは、そのことに気づいた方々はすでに特定のテーマに沿ったページ作りを始めています。これまでのリンク元をたくさんかかえた会社のHPから、サービスごとにホームページを立ち上げ、テーマに沿ったキーワードで集客できています。

専門ホームページの作り方

専門サイトのサンプル

だいたい想像がついてきたと思いますが復習もかねて作り方を紹介します。まず、特定のテーマを決めます。このテーマは趣旨がぼやけないようにものにしてください。また、カバーする内容が広くなってしまってもいけません。

検索エンジンは、ユーザーが探している情報に早くたどり着けることを重要視しています。つまり、特定のテーマについて詳しく書いてあれば書いてあるほど、答えに近いはずだと判断するわけです。

左に示した例は「沖縄旅行」で集客するため、「沖縄」というテーマに特化した場合です。この例でわかるように「沖縄」に関連した情報のみで構成されています。国内旅行を扱うサイトよりも上位表示される可能性があります。ただし、ユーザーが「沖縄 + グルメ」で検索した場合、沖縄のグルメに特化したサイトがあれば上位表示が難しくなります。

SEO対策を考えると、1サイトに1テーマ(キーワード)が基本となります。集客するために、いろいろな内容を盛り込みたくなると思いますが、検索エンジンが求めているものは情報が豊富な専門サイトなのです。

 
 
トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする