ウェブマーケティング ブログSEO対策

内部SEO対策に配慮したライティングテクニック

内部SEO対策に配慮したライティングテクニック 内部SEO対策に配慮したライティングテクニックをブックマーク
キーワード出現率は気にしない

テキストのキーワード出現回数を調整する内部SEO対策は議論をよんでいます。「Yahoo! JAPANで上位表示するために、キーワードの出現率は5%までならOKです。」なんて書かれているが、そんなことを考えている暇があれば、読んでもらえるようにコンテンツ作りをやってみた方がいいと思います。無理なく内部SEOができるライティングテクニックを掲載していますので参考にしてください。

 

Yahoo! JAPANやGoogleといった検索エンジンがキーワードの配分バランスで何を見ているかというと、実際に閲覧するユーザーにとって有意義な内容になっているかを判断しています。上位に表示されるために、評価の低いライティングについて紹介します。

  1. 過剰にキーワードを詰め込まれた文章
  2. キーワード不足による重み付けのない文章

過剰な詰め込みとは、メインワードが繰り返し書かれているために、ユーザーが読みにくくなってる状態です。いくらそのメインワードで検索されたいからといって、繰り返されているとスパム扱いをされてしまい順位を下げられてしまいます。

反対にキーワードの不足を起こす場合もあります。主語の省略や内容のブレによって、メインワードがぶれてしまうケースです。検索エンジンが重要な単語かを判断できません。

seoに最適なライティングテクニック3ヶ条

  1. 無理にキーワードを入れない!!
  2. ページあたりのコンテンツは多め!!
  3. 見出しやタイトルを必ずつける!!
  4. 補足:言い換えを使う

1、訪問してくれた方に読んでもらえるように、まずは普通に文章を書いてみてください。誤字や脱字に気をつければオッケーです。

2、文章は1つの内容をできるだけ多く書きます。最低でも400字は必要です。文章をたくさん書くことで、内容もわかりやすく、サブキーワードも自然に含めることができます。特に意識しなくてもキーワードの出現率が調整されます。メインワードがある程度に抑えられますし、全体が低く抑えられますのでメリハリを検索エンジンが理解します。

3、見出しをつけることでユーザーの理解も深まります。また、上位表示したいワードを含めることが出来一石二鳥。

4、繰り返しになってしまう場合は単語を言い換え文章を書くとseo対策に有効です。スパムの予防に効果があり、複数のワードでアクセスを集めることにもつながります。

長めの文章を自然に書けば、それに伴ってワードの出現率にメリハリのついた文章に仕上がります。何%が最適なのかが議論されていますが、そのような小手先の情報に惑わされてはいけません。そのパーセンテージが変われば、またコンテンツをすべて書き換える暇があればよろしいと思いますが、結局理想的な文章とはユーザーが読みやすいものであるはずです。

 
 
 
にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ
トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする