ウェブマーケティング ブログ雑記帳

GoogleがYahoo! JAPANに検索エンジンを提供

GoogleがYahoo! JAPANに検索エンジンを提供 GoogleがYahoo! JAPANに検索エンジンを提供をブックマーク
google-yahoo-提携

Yahoo! JAPANは米Yahoo!の検索エンジンの開発ストップを理由に、Googleから検索エンジンと広告配信システムを受ける提携を発表しました。Yahooも独自のエッセンスを組み込むようですが、これで日本の検索エンジン市場はグーグルの独占ということになりそうです。

 

GoogleとYahoo! JAPANの提携内容

以下は2010年7月27日にGoogle Japan Blogで発表された内容です。

Google が展開するほぼすべてのサービスの中心に位置するのが検索です。Google 検索の人気については広く知られていますが、この検索技術を Google がパートナー企業に提供し、彼らが自らの検索サイトで Google の検索技術を活用しているということについては、あまり知られていないかも知れません。

2001 年から 2004 年にはヤフー株式会社に対し、Google の検索エンジンを提供していました。そして、本日、ヤフー株式会社に対して再び検索技術をライセンス提供することになったことを発表いたします。今回の非独占的な契約に基づき、ヤフー株式会社(ソフトバンク株式会社の子会社であり、米ヤフーも一部出資しています)は、Google が日本国内で最も速く、最も先進的であると自信を持つ検索技術を利用者に提供できることになります。これに加え、ヤフー株式会社はオークション、ショッピング、知恵袋といったコンテンツを Google の日本語の検索結果に加えられるように提供します。これにより、双方のサービスは一層充実し、効果を増大させることができます。

ヤフー株式会社は Yahoo! JAPAN のサイト上で、自身のユーザー向けにフィットするように、Google の検索サービスをカスタマイズして検索サービスを提供することが可能です。これは Yahoo! JAPAN のサイト上で検索サービスがどのような外観になり、利用者がどのように検索を体験できるかといったことも含まれます。その結果、利用者は Yahoo! JAPAN のサイト上で、引き続き Google のサイト上とは違う体験をすることができると考えられます。

Google はさらに、ヤフー株式会社に対して、検索連動型広告配信プラットフォームを提供します。すなわち、Google の技術が、ヤフー株式会社による検索連動型広告の提供、ターゲット及びレポートをバックエンドで支えることになります。ヤフー株式会社は引き続き広告の獲得や広告キャンペーンの展開を行います。なお、両社の広告主および広告のデータは完全に分離して保持されます。

両社は検索サービスと広告サービスを展開する事業者としてこれまで通り独立し、顧客や価格に関する情報を共有することなく、引き続き日本の市場において活発に競争していくことになります。今回の取引を通じて、お互いの広告と検索におけるイノベーションにさらに拍車がかかり、その他の企業も巻き込みながらより厳しく競合し、究極的には利用者やパートナー企業にとってより良いサービスがもたらされることを願っています。

日本の検索エンジン市場についての感想

私は検索はもちろんグーグル、そしてニュース配信を見るためにホームページ設定はYahoo! という人間です。

孫さんに限らず、GoogleとBingとその他を比較すればGoogleが検索精度が高いんですよね。いくらBingが文句を言ってもユーザーの利便性がなくては話になりませんよ!!

ただし、これで日本における検索エンジン市場はグーグルが独占したことになりました。SEOを行ったらGoogleとYahooのどちらが得意かと言われればgoogleなので基本的には歓迎なのですが、Googleにスパム扱いをうけ嫌われてしまうと、そのウェブサイトはもう二度と復活できないことになります。ウェブマーケティングを考えるとこのリスクは怖いはずです。

 
 
 
にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ
トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする