ウェブマーケティング ブログインターネット広告

リスティング広告を使った集客

リスティング広告を使った集客 リスティング広告を使った集客をブックマーク
グーグル検索連動広告サンプル

検索エンジンのキーワードに対して広告を掲載できるリスティング広告。ウェブマーケティングには欠かせなくなりました。リスティング広告のノウハウをしっかりつかめば、広告からの集客はもちろん、ホームページの改善、お客様への訴求方法の発見など様々なヒントを得ることができます。

 

リスティング広告とは

リスティング広告は、SEM・PPC広告・検索連動広告などとも呼ばれています。ます。本来、検索エンジンで見てもらうためには上位に表示される必要がありますが、検索エンジンには検索を行うと赤で囲まれたような広告スペースがあり、このスペースをお金を払って掲載する手段のことをリスティング広告と言います。

グーグル検索連動広告サンプル

リスティング広告の特徴

  • キーワードごとに入札を行い、原則として入札金額が高い広告が表示される。
  • クリックされなければ課金されない。
  • 複数のキーワードを買うことができる。
  • リスティング広告に使う予算を設定できる。

たくさんのアクセスが見込まれるキーワードは競争率が高く、入札金額も高めになります。ただし、入札金額の安いキーワードを買い集め、訪問者を集めることもできます。リスティングのよいところは複数のキーワードをテストできるところにあります。入札金額が高いキーワードが効果がなく、思いがけないキーワードが結果をもたらすことは多々あります。

ビジネスの世界では大企業や早くから参入した企業に有利な仕組みができあがっていることが多々ありますが、リスティング広告はキーワード毎に入札してしまえば、その日のうちに検索エンジンに表示されます。また少ない予算からでも始められますので小規模事業者または個人でも参加することができます。

もちろん、大企業は広告予算は潤沢ですし、先に始められた方はそれなりのノウハウを蓄積されていますけど・・・w。

リスティング広告から情報を得る

ウェブマーケティングは当初の予想と結果が異なることがあります。SEO対策をご自分で行えば費用も掛かりませんが、狙ったキーワードで上位表示されるためには時間がかかります。たとえ上位表示が達成されたとしても、そのキーワードが成果を生まなければ目もあてられません。

リスティング広告を試すことで費用対効果の高いキーワードやアクセスされるページなどが事前に把握することができます。リスティングによって上記のようなSEO対策で失敗することがなくなり、より有効な手段を取ることができます。まだwebマーケティングの手法にリスティング広告を活用されていない方はぜひ一度お試してください。

 
 
トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする