キーワード出現率は気にしない

テキストのキーワード出現回数を調整する内部SEO対策は議論をよんでいます。「Yahoo! JAPANで上位表示するために、キーワードの出現率は5%までならOKです。」なんて書かれているが、そんなことを考えている暇があれば、読んでもらえるようにコンテンツ作りをやってみた方がいいと思います。無理なく内部SEOができるライティングテクニックを掲載していますので参考にしてください。

お金をかけるseo対策

ホームページにアクセスを集める方法はいろいろあると思います。Yahoo! JAPANで上位に表示されることはその代表です。「本を参考に、ページの内部を最適化したし、外部リンクも少しずつ増えてきた・・・なのに、ライバルのページより上に表示されない。」といったことでお悩みのサイト運営者の皆さん、ライバルはお金をかけてSEO対策をしているかもしれませんよ。

ウェブマーケティングを活用

「狙ったキーワードで上表示されている!」うらやましい・・・。でも、それが成功ではないはずです。それがビジネスにどれだけつながっているかがウェブマーケティングでは大切です。これからホームページを作られる方、上位表示に成功しているが納得していない方はぜひ読んでください。

専門サイトイメージ

検索エンジンで上位表示されているウェブサイトはテーマを絞った専門サイトばかりです。Yahoo!やGoogleで見てもらえるように、これからホームページを作ろうとしている方に、たくさんのユーザーを集めることができるサイトの作り方を紹介します。

ビジネスマナー

フリーランスで活躍している方が多い職業はラフな格好が許されている傾向にあると思います。しかし、クライアントによっては身だしなみやマナーを大切にしている方が多いはずです。とても表面的なことですが、仕事をする上では社会性って大切なことだと思います。ビジネスマナーを身につけることは社会人には必要なことだと思いませんか?

風評被害対策

会社やサービスをインターネットで検索すると、その会社の作った紹介ページの下に風評被害や誹謗中傷のページが掲載されていることがよくある。そんな情報がある会社と取引したいだろうか、サービスを利用したいだろうか。たいていの人は「大丈夫なのか?」と、利用を控えようと思うのではないでしょうか。このような、企業にとってマイナスな情報が人目につかないように検索順位を落とすサービスが風評被害対策ビジネスです。

エイジング

GoogleやYahooといった検索エンジンはエイジングの要素をたくさん取り入れている。SEO対策を考える上でのエイジングとは、時間の経過に価値を持たせ検索結果に反映させることを意味します。長い期間運営されていることを評価するアルゴリズムです。

新規に取得したドメインは検索で上位表示されにくいとされるエイジングフィルターなどは時間を考慮している代表例です。時間の経過を検索エンジンがどのようなところで取り入れらているのかを紹介しておりますので、SEO対策の1つに取り入れてみてください。