キーワード出現率は気にしない

テキストのキーワード出現回数を調整する内部SEO対策は議論をよんでいます。「Yahoo! JAPANで上位表示するために、キーワードの出現率は5%までならOKです。」なんて書かれているが、そんなことを考えている暇があれば、読んでもらえるようにコンテンツ作りをやってみた方がいいと思います。無理なく内部SEOができるライティングテクニックを掲載していますので参考にしてください。

専門サイトイメージ

検索エンジンで上位表示されているウェブサイトはテーマを絞った専門サイトばかりです。Yahoo!やGoogleで見てもらえるように、これからホームページを作ろうとしている方に、たくさんのユーザーを集めることができるサイトの作り方を紹介します。

エイジング

GoogleやYahooといった検索エンジンはエイジングの要素をたくさん取り入れている。SEO対策を考える上でのエイジングとは、時間の経過に価値を持たせ検索結果に反映させることを意味します。長い期間運営されていることを評価するアルゴリズムです。

新規に取得したドメインは検索で上位表示されにくいとされるエイジングフィルターなどは時間を考慮している代表例です。時間の経過を検索エンジンがどのようなところで取り入れらているのかを紹介しておりますので、SEO対策の1つに取り入れてみてください。

yahoo

Yahoo! JAPANは日本ではたくさんのユーザーを抱えている検索エンジンです。みんながyahoo!のSEO対策ってどうすればよいのか知りたいと思います。Yahoo! の検索内部のことは結局はYahoo! にしかわからないのです。Yahoo! がSEO対策に役立つ情報を一部公開しています。公開されている情報をまとめてみましたので参考にしてください。

SEO対策を少しでも取り入れている方ならば、リンクを受けることが大切なことだとご存知だと思います。お金を払ってリンクを張ってもらうことをGoogleは禁止しているが、有料リンクを購入することは本当に危険なのだろうか。

新規ドメインを決める作業は楽しいものですが、そのドメインがSEOに関係があるとしたらより真剣に考えますよね。検索エンジンがドメインをどのように扱っているのかについて書いています。ドメインはどんなものでもよいわけではありません。もし、どんなウェブサイトを作るか決まっているならば、ドメイン決めの参考になると思います。

ホームページやブログをせっかく作っても、検索エンジンに登録(インデックス)されないといつまでたっても検索されません。GoogleやYahoo! のインデックスページの確認方法を紹介。また、日本でも少しずつ認知されてきている、百度(バイドゥ)やNAVERの確認方法ものせています。

SEO対策を考えながらリンクをはられていると思います。検索エンジンはリンク元とリンク先の関連性を重要視しているため、関連性のないページからのリンクは評価が低くなります。効果的なリンクにするための方法を紹介します。

nofollowのSEO効果について少し前と現在では少し様子が変わってきている。nofollowの使い方やSEO効果についてまとめてみました。

サテライトサイト(衛生サイト)とは、アクセスを集めるためにメインサイトとは別に自分で作るホームページのことです。サテライトサイトの作るメリットなどを紹介しています。

1 2


atom-rss